ウェブ開発現場におけるプログラマーの活躍

プログラマーはスキルセットによって活躍することができる現場が限られます。典型例として挙げられるのがウェブ開発企業で、プログラマーの存在によって支えられているケースも少なくありません。プログラマーの寄与率が高いことがよく知られているのが、ウェブ開発企業の中でも独自システムの開発を行っているところです。独自システムを開発してウェブ上で使えるようにするためにはオリジナルのアプリなどを開発しなければなりません。ウェブに搭載することも必要で、どちらのタイミングでもプログラマーの活躍が必須になります。

ただ、独自システムを搭載して開発を進めてきた企業での活躍していた例は多いものの、いつまでも成果を上げ続けられるとは限りません。新規開発をしてきた企業が方針を転換してしまうことが多く、既存システムを運用して利益を上げることに専念するようになるとプログラマーが活躍する機会があまりなくなってしまいます。その独自システムのデバッグやトラブルシューティング、保守点検などに注力することになってしまうからです。

既存システムの運用に至った段階で転職してしまうプログラマーも多いのはあまり職能を発揮できない現場環境になってしまうからです。しっかりとしたスキルセットを持っているプログラマーならまた新しいウェブ開発の現場で独自システムを作り上げることができます。そのため、自身がスキルを十分に発揮できる現場を渡り歩くプログラマーも少なくありません。